社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会

施設概要

名称杉並育成園すだちの里すぎなみ
事業者社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会
目的主として夜間、休日において生活上の支援、
相談を行うと共に、日中活動での福祉サービスを通じて障害者の自立生活と社会参加をめざすことを目的とする。
根拠法令障害者自立支援法に規定する障害者支援施設(平成21年4月~)
事業者社会福祉法人東京都知的障害者育成会
利用者
(1)人数定員50名(男性30名、女性20名)
短期入所6名(男性3名、女性3名)
(2)年齢
18-1920-2930-3940-4950-5960-69
男性071283030
女性05452420

平均年齢 39.5歳(男性 37.2歳、女性 41.9歳)
最高年齢 68歳  最低年齢 20歳

(平成29年4月1日現在)

(3)障害程度

愛の手帳(度)

1234
男性0196530
女性087520
027131050

身障手帳(級)

123456
男性0111025
女性2010104
2121129

外出時車椅子使用:2名

障害程度区分

654321
男性1013511030
女性88301020
1821812050

(平成29年4月1日現在)

(4)入所前状況
入所児童入所更生他施設※病院GH在宅その他
男性5120121030
女性2312111020
7432232050

※在宅だが、直前の3ヶ月以上のショート、ミドルを利用していた場合

支援内容
  1. 夜間支援<施設入所支援>
    • 日常生活支援・訓練(食事、排泄、入浴などADL支援・訓練)、相談
    • 社会的生活支援(余暇活動支援、IADL支援・訓練)
  2. 日中支援<生活介護、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援>
    • 生産活動 ー パン及びクッキー等の製造、喫茶店の運営
    • 創作活動 ー 機織、紙すき、ビーズ、刺繍等作品の制作
    • 生活訓練 ー 施設内外の清掃活動、衣類の洗濯・区分け・たたみ
    • 作業訓練 ー 慶差魚う、企業の下請け作業、TEACCHを基にした作業訓練課題
    • 選択活動 ー ウォーキング、ドライブ、音楽、運動、地域清掃等
経費
  1. 利用者負担額:障害者自立支援法に基づくサービス利用者負担額、食費、光熱水費など日常生活上必要となる諸費用を徴収いたします。
  2. サービス提供報酬、都のサービス推進費等により運営を行っています。
施設

  1. 構造:鉄筋コンクリート造3階建
  2. 面積:敷地面積3,289.82平米、建物面積2,984.02平米
  3. 住所:東京都杉並区今川2-14-12
    TEL:03-5310-3361
    FAX:03-5310-3561
  4. 事業開始:平成18年4月

入所について

[定期的入所調整]
時期:9月
原則として年に1回の入所選考委員会で入所調整を行います。
詳しくは、地域の社会福祉事務所、またはすだちの里までお問い合わせください。

[短期入所]
すだちの里まで直接お問い合わせください。
(状況確認のため、事前に簡単な面談を行います。)
入所の申し込みについては、杉並区内の方は希望日の3ヶ月前から、杉並区外の方は1ヶ月前から受け付けます。お電話にてお申し込み下さい。

入所相談担当:すだちの里 男性 小野 女性 苗木

<参考資料>
短期入所サービス重要事項説明書(PDF
短期入所サービス重要事項説明書(児童)(PDF
短期契約書別紙(PDF)杉並 両面印刷でお願いします。
短期契約書別紙(児童)(H30.4)(PDF)杉並 両面印刷でお願いします。
申込書(PDF

併設施設及び事業
  • 障害者自立支援センター
  • 緊急ショートステイ
職員
事務係生活支援生活支援センター
施設長1主任生活支援員
(サービス管理責任者)
3主任支援員1
副施設長
(サービス管理責任者)
1生活支援員(常)24生活支援員(常)2
事務主任1生活支援員(常)14相談員(非)2
事務員(常・非)3作業支援
看護師(常・非)2就労支援員(常)1給食
看護補助員(非)1生活支援員(常)2CTMサプライ
(業務委託)
栄養士(常)2技術指導員(非)4
嘱託医技術指導員(非)
※本人雇用 (1)
1
内科医1作業療法士(非)1
産業医1心理士(非)1

[合計人員 69名]

育成会統一ミッション

社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会 統一ミッション

私たちは、すべての人一人ひとりの人権と意思を尊重し、障害のある人もない人も共に社会・経済・文化ほか
あらゆる分野に参加する機会を得て、主体性を持ちながら豊かな市民生活を送ることができる社会の実現を
目指します。

すだちの里ミッション

すだちの里すぎなみのミッション

『地域で自分の生活をはじめよう!』をスローガンに、
一人ひとりにふさわしい地域生活への移行とその後の生活を支援します。