社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会

杉並障害者自立生活支援センター すだち

支援センターすだちは、障害がある人もない人も、あたり前に暮らせる地域社会の実現をめざし、障害のある方の自立やご家族を支援する事業を行っています。

【開所時間】
午前9時30分~午後6時30分
【休所日】
第1、第3日曜日 第2、第4土曜日
12月29日~1月3日
【TEL】
03-5310-3362
【FAX】
03-5310-3561

【支援相談】

生活する上で、困っていること、不安なことなど、どんなことでもご相談下さい。
障害の種別、有無は問いません。
福祉サービス情報や利用方法、健康、人間関係、就労、権利擁護などについてもお問い合わせ、ご相談下さい。また、必要に応じて、専門機関の紹介や、申請の代行も行っております。
 ご本人、ご家族、支援関係者による継続支援のためのケア会議の開催や、サービス等利用計画の作成もお受けしております。(特定・一般・児童)
 相談方法は、電話、FAX、メール、来所等どれでもかまいません。ご要望があれば、自宅訪問もいたしますので、お気軽にご連絡下さい。

【24時間支援サポート】(杉並区受託事業)

介護者の急病などで障害のある方のサポートが必要な場合は、入所厚生施設「すだちの里すぎなみ」と連携し、緊急ショートステイの受け入れや、状況に応じて緊急ヘルパー派遣も行っております。お電話にて24時間お受けしております。

【社会適応事業 ジェンガ】

社会適応に課題がある方の個別相談と支援事業を医療系専門職が行っています(任意事業)

【事業内容】

<講座・イベントの開催>

ご本人向けの鋼材、地域の皆様に障害について知っていただく講座、支援者向けの講座などを開催しております。

<ニュースの発行>

毎月10日にニュース『すだちの輪』を発行しております。支援センターすだちの活動、障害者施設の動向などのほか、各種行事予定も掲載しています。

<他機関との連携>

他機関の支援者たちと事例検討会などを共同開催し、支援力向上に向けた取り組みや、グループホームヘルパーの事業所、成年後見センター、ケアマネージャー等との連携支援を行っております。

<交流の場>

支援センターすだちにはくつろげる交流スペースを設けております。また、各種情報も取りそろえております。

<ニュースレター「すだちの輪」発行>

支援センターではニュースレター「すだちの輪」を定期的に発行しています。
どなたでもご覧になることができます。

ニュースレターはこちらからご覧下さい。

【クラブ活動】

本人活動、余暇活動として、ご本人の自主的な活動を応援します。

<アートクラブ> 土曜日(第1土曜日)

午前9時30分~11時30分
講師と一緒に絵や工作などの作品を制作

<リトミック> 第4日曜日(月1回)

午前10時30分~12時
楽器を使った音出しや音楽に合わせて踊ります

<ユニカール> 第4日曜日(月1回)

午後1時30分~3時
カーリングをカーペットの上で行うスポーツの練習

<阿波踊り> 7月~8月に2回、土曜または日曜

午後3時~ 30分程度
「高円寺阿波踊り」の「希望連」に合流出場

いずれのクラブ活動も定員がございますので、参加をご希望の場合は事前連絡が必要です。